MENU

カサカサ痒〜い乾燥肌、毎日のお風呂が原因かも!?

痒〜い乾燥肌。
思わず掻き毟ってしまいますよね。
季節によって乾燥肌になりやすい時期はありますが、それ以外の原因もあるのです。
あなたの乾燥肌、もしかしたら、毎日のお風呂が原因かもしれませんよ。

 

そこで、乾燥肌の原因となってしまう間違った入浴方法をお話します

 

・お湯、シャワーの温度が高い
乾燥の時期と言えば冬。
冬と言えば寒いので、お風呂の湯船やシャワーの温度は高め設定になりがちですよね。
ところが、40度を超える熱いお湯は、皮脂を過剰に洗い流してしまい、肌への刺激にもなってしまうのです。
熱いお湯は乾燥肌の原因、冬場でもお湯の温度設定は肌に優しい38度前後にしましょう。

 

・体の洗い方
肌には目に見えない埃や汗がこびりついているはず!臭ったら大変!
と、ゴシゴシと洗うのは、肌にとっても良くありません。
特にナイロン製のタオルは泡立ちこそ良いですが、肌に刺激が強すぎます。
そして、傷ついた肌は、当然乾燥肌になりやすくなってしまいます。
汚れはシャワーだけでも充分落ちますし、気になるならば泡で優しく包み込むように洗うのが理想。
乾燥肌にゴシゴシは厳禁ですよ。

 

・ボディソープの刺激
乾燥肌に悩むということは、肌のバリア機能が人より少し弱いということ。
その場合、洗浄力の強いボディソープは、乾燥肌の原因になってしまいます。
保湿成分が入っているもの、弱酸性、低刺激など、ボディソープにも色々ありますが、乾燥肌に悩む人には無添加せっけんが最適。
とにかく刺激が少なく、そして泡切れが良いのが最大もメリットです。
肌の保湿をしたい場合、ボディソープではなく、お風呂上りに保湿剤を使いましょう。

 

・長湯
リラックスしたいし、デトックス効果も見込めるし、半身浴は美容に良いというイメージがありますよね。
だけど、実は長くお湯に浸かっていると、皮脂が流れてしまって乾燥肌になりやすいのです。
乾燥肌が酷い場合は、長湯せず、体が暖まったらお風呂から出た方が良いでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?
毎日のお風呂には、乾燥肌になってしまう原因がこんなにあるのです。
乾燥肌になってしまったら、正しい入浴方法で肌の負担を極力少なくし、同時にしっかり保湿してくださいね。